ウェットブラストでステンレスの焼け取り

ステンレス品の溶接処理や焼き入れ後の焼け取りに、簡易電解機やバフ加工で除去することが多いですが、面ダレや形状不良、使用した溶剤模様等が残り、製品としての価値を損なう事があります。


ウェットブラストでは、水を使うことで切削力を抑えることが出来るため、面ダレや形状を変えることなく焼け跡を取りのぞくことが出来ます。


弊社では、精密部品から対応可能な機械を揃えているため、弱い対象物でも加工が可能です。

加工事例はこちら➡https://www.asahi-kenma.com/wet-blast


あらゆるお客様のものづくりを支えます。

株式会社 旭研磨工業所

https://www.asahi-kenma.com