微細バリの除去

最終更新: 2020年9月14日

機械加工に「バリ」は付き物です。

要求される品質の高い精密部品・微細部品になればなるほど、その存在は無視できず、様々な方法によってバリ処理されておりますが、それぞれ得手不得手があります。


1、手作業で除去する

比較的見えるバリは物理的研磨で加工することが出来る。


2、サンドブラスト処理

複雑形状などでもバリが取れる。

※ バリ周辺の面も一緒に荒らす為、精度を必要とする場合はメディア番手の注意が必要。


3、ウェットブラスト処理

精密部品の母材を傷めず、外観変化を抑えたバリ取りがおこなえます。

※水を使用する為、処理後の錆等の問題がある為、加工する金属材質の注意が必要。


4、鏡面ショット式研磨処理

複雑形状の様々な精密・超微細バリを除去出来ます。手作業での研磨・電解研磨・バレル研磨と比べても、均一に面を荒らさず表面粗度を大幅に向上することが可能です。

※ダイヤモンド系メディアを使用するため、コスト面では手作業の次に高額となります。


弊社では、1・2・3・4のバリ取り処理で、部品の付加価値を上げる事が出来ます。

各種サンプル加工を致しますので、お気軽にお問合せ下さい。


あらゆるお客様のものづくりを支えます。

バフ研磨・鏡面研磨・ショットブラスト加工業

株式会社 旭研磨工業所

https://www.asahi-kenma.com


7回の閲覧0件のコメント