難形状の鏡面研磨

最終更新: 2020年9月14日


複雑形状の工作機械部品の内面研磨です。

画像左のような角度のある形状でステンレスNo.1材のため表面が荒く、手作業でのリューター研磨の先端工具が入りにくく、面を揃えて均一に磨くことが不可能でした。

今回弊社で新規導入した鏡面ショット式研磨機で、研磨加工致しました。

従来のバフ研磨で磨けなかった部分や角度のある部分も、面ダレなく均一な磨きが可能です。

3次元異形状の工作機械部品の内面研磨

鏡面ショットブラスト式研磨機は、従来からニーズの強かった複雑形状や、3次元異形状の鏡面仕上げ、 および微細加工における微小バリ取りと外周面のエッジ仕上げを行える、噴射加工のショットマシンとなります。

あらゆるお客様のものづくりを支えます。

株式会社 旭研磨工業所

https://www.asahi-kenma.com/spbf


0回の閲覧0件のコメント