• 株式会社旭研磨工業所

液体ホーニングとは?

更新日:5月19日

液体ホーニングは、微細な砥粒と水の混合液を加工物に噴射するホーニング加工方法です。

同様の加工法で、ウエットブラスト(ウェットブラスト)・湿式ブラスト・SBWとも図面表記されます。

この加工は、表面の仕上げのほか、メッキや塗装面の下地仕上げ、錆取り、バリ取り、清掃、溶接焼け取りなどにも利用されます。

砥粒メディアや噴射圧などを調整することにより、準鏡面から、微細な凸凹が施された梨地(ナシジ)面までの表面仕上げを施すことが可能です。またその表面はピーニング処理されることで、硬化して疲労強度や耐摩耗性が向上します。


入り組んだ形状をしているなどの複雑な形状の加工物や、形状不良を嫌う微細・精密部品も仕上げる事が可能です。

またバフ研磨との複合処理により、高品質な仕上げ面を作りだすことも可能です。


小さい部品1つからでも、短納期でウエットブラスト加工します。

状態にも左右されますが、最短当日~翌日渡しが可能です。

早くても高品質な仕上がりをお約束します。

※弊社では、粗いメディアや時間短縮のための高圧処理は、母材を痛めるため致しません。


弊社では、精密部品用、機械部品用、車・バイクパーツ用など、微細部品~1m程度の長尺物まで、処理が可能な数種類のウエットブラスト機を複数台揃えてます。

ウエットブラスト加工事例はこちら➡https://www.asahi-kenma.com/wet-blast


あらゆるお客様のものづくりを支えます。

株式会社 旭研磨工業所

https://www.asahi-kenma.com

ウエットブラストでキレイに仕上げます。
株式会社旭研磨工業所、ウエットブラスト処理


215回の閲覧0件のコメント