top of page
  • 執筆者の写真株式会社旭研磨工業所

ブラスト処理技術「梨地仕上げ」のご紹介です。

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

ブラスト処理技術「梨地仕上げ」のご紹介です。


梨地仕上げとは?

機械的又は化学的処理によって表面に無方向の微細な凹凸を形成し、光の乱反射による柔らかな光沢や艶消し面を作り出す仕上げ方法のことです。言葉としては漆器の仕上げ技法の梨子地(なしじ)塗りに由来する果物の梨の表面を模した仕上げのことで、工業製品としての梨地仕上げは全面を均一な凹凸で仕上げている場合が一般的です。


弊社では、乾式ブラスト処理での無方向の微細な凹凸が放熱性の向上や防眩効果、すべり性向上などとして機能する「機能性梨地仕上げ」、湿式ブラスト処理での粒径や材質の異なる様々な研磨材を噴射することで多様な仕上がりを実現する「美装梨地仕上げ」の対応が可能です。


株式会社旭研磨工業所では、職人としての経験と独自のノウハウの提供、高度で特殊な研磨技術を用いた安定した品質を「いつも通り」に、あらゆるニーズのお客様のモノづくりを支えます。


"お客さまのニーズに対応した技術をご提供いたします"

株式会社旭研磨工業所

【ブラスト処理】


ブラスト処理技術「梨地仕上げ」のご紹介です。
ブラスト処理技術「梨地仕上げ」のご紹介です。





Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page